イルミネーション導光板

当社には光学設計の高い知見をもったスタッフが在籍しており、そのスタッフを中心に射出成形によるイルミネーション導光板の開発に携わっております。

微細カットスタンパーを提供可能な会社とアライアンスを組み、弊社が開発的な窓口となり、お客様と打ち合わせの上、光り方提案や適切なLED配置、また付随する集光レンズ設計なども含めよりよ良い提案を行い、それに応じたスタンパーの提供まで実現致します。

創業仕立ての会社ではございますが、既に試作受注もいただいており、ご好評を得ております。

translation

イルミネーション導光板とは?

透明性と高輝度性にすぐれた導光板で、非点灯時の透過性と点灯時の視認性を兼ね備えており
  緊急時の表示物などへの採用で効果的です。

 

イルミネーション導光板の特徴

  • エッジライト方式では最も高輝度に発光(←→レーザー加工、印刷)
  • LED使用数を大幅に削減し省エネを実現(イニシャルコスト、ランニングコスト)
  • 微細ドット(5~50μm程度)にすることで、透明高輝度パネルを実現
  • 様々なドット角度を変えての表現が可能(印刷、レーザーではできない表現の演出)
    1)導光板1枚でも複雑なイルミネーションを演出
    2)反射面に微細加工を行うことで、レインボーパネルを実現
    3)導光板1枚のみでモーション表示が可能。(3方向、4方向切り替えパネル)
  • レンチキュラーレンズとドットとの組み合わせで一体成型3Dパネルが可能
  • LEDだけでは表現できない実線表示、繊細なイルミネーションにも対応

 

イルミネーション導光板の特徴

LEDの発光位置を変えることによりモーション表示が可能です。

イルミネーション導光板表示例

雨が降るような上→下への動き

イルミネーション導光板表示例

湧き出るような中→外への動き

イルミネーション導光板表示例

方向指示 左右・上下の動き

イルミネーション導光板表示例

光の放射 中→外への動き